組み込み開発のワンストップソリューション

Christmas 2014

もうすぐ Xmas なので、RGB-LED付きリースを作ってみました。









RGBテープLEDをカットして約9cmのリード線でつなぎ合わせてリースに巻いただけですが、
クリスマスっぽく出来上がりました。
LEDは、マイコン(FM3:ARM Cortex-M3)で制御しています。

LEDブラックホール

以前、展示会で展示した、LEDブラックホールの"たねあかし"をしたいと思います。


LEDブラックホールは、LEDが奥へ奥へと無限にいくつもあるように見えます。

では、たねあかしです。
合わせ鏡をを利用します。半透明のミラー、テープLED、鏡の順でセットすると、LEDブラックホールが出来上がります。
以下は製作手順です。


アートボックスフレーム(奥行きがある写真立てみたいなもの)の奥行きがある部分にテープLEDを1周させて両面テープで固定します。
アートボックスフレームに穴をあけてあるので、その部分にLED制御信号用のケーブルを外に出します。


アートボックスフレームの前面側に半透明のミラーをセットします。
そして、奥行きのある部分にテープLEDをセットします。
正面から写真を撮るとミラーなのでカメラが写ります。また、半透明なので奥にあるLEDも写っています。
この時点では合わせ鏡になっていないので、LEDは1周分しかありません。


アートボックスフレームの背面側にミラーをセットします。
すると、前面の半透明ミラーと背面のミラーが合わせ鏡になり、この間にあるLEDが無限にひろがります。

LEDは、マイコン(FM3:ARM Cortex-M3)で制御しています。
LEDのカラーやパターンの変更が可能にしてあります。


ブログはじめました(2014/11/25)

はじめまして、渡辺設計事務所のKと申します。
本ページは、のんびり気ままに、電子工作や実験等をUPしていく予定です。
よろしくお願いします!